帯広物産協会

トップページ > とかち物産センター

とかち物産センター

ゆたりと流れる時間と環境。何も無いから会話が弾む新たな絆がきっと生まれる。

十勝管内の特産品と物産情報が満載。お土産の発送もしているので、たくさん買っても一安心。
十勝のお土産を買うなら、ぜひ「とかち物産センター」へお立ち寄りください。

《 とかち物産センター 》
【所在地】北海道帯広市西2条南12丁目 JR帯広駅エスタ東館2F
TEL:0155-22-7666 FAX:0155-22-8558
【営業時間】9:00~18:00 休業日:年末年始
※12月より営業時間が変更になります。

《 とかち物産センターからのお知らせ 》

2021.05.19
「帯広物産協会事務局」および「とかち物産センター」、「レストランカウベルハウス」の緊急事態宣言に伴う営業自粛について
Pae Top

とかち物産センター お勧めの商品

豚丼お土産
豚丼お土産家庭でも楽しめる豚丼のタレや豚丼チョコ、豚丼おかきなど
ちょっと変わったお土産もあります。
Pae Top
とん田特製 ぶた丼セット
セット内容

ぶた丼セット イメージ

帯広のソウルフードといえば豚丼!帯広で行列のできる店「ぶた丼のとん田」の味をご家庭でお楽しみいただけるセットです。

十勝産豚ロース肉(400g×2)雄大な十勝平野の澄んだ空気と、美味しい水で丹精込めて育てられた美味しい豚肉を使用しています。お店ではバラ、ロース、ヒレの3種類からお選びいただけますが、このセットではきめ細かく柔らかい十勝産豚ロース肉を使用しています。

ぶた丼のたれ豚肉と相性抜群の秘伝のたれは、甘めながらあっさりとした味わい。創業者の武田さんご夫婦が、2種類のしょうゆと北海道産のてんさい糖を使い、じっくり手間をかけて一本一本手作りで製造しています。

美味しいぶた丼の料理方法

1、フライパンに油をひき、豚肉の両面をさっと焼きます。日本酒を少しふかけると、豚肉の臭みがなくなります。(豚肉は完全に火を通さず、肉の表面が焼けて中が赤い状態。)
2、豚肉をフライパンから出し、空のフライパンにぶた丼のタレを入れて煮詰めます。(焦げないように注意。)
3、タレがあわをふいて煮詰まってきたら、豚肉をフライパンに戻し、タレとからめます。ご飯に盛り付けて、かるくコショウをふって出来上がりです。(豚肉をタレで煮込まないように注意してください。肉が硬くなります。)
※厚さ5mm程に切ったロース肉をつかうと、さらに美味しく召し上がれます。
※ポイントは、タレを煮詰めることと、豚肉をタレで煮込まないことです。
※たくさんの豚肉を焼くと煮込んだ状態になるので、少量で料理してください。
※魚の照り焼き、きんぴらごぼう、野菜炒め等にもご使用ください。

ミシュランガイドでも紹介された 絶品ぶた丼!

とん田特製ぶた丼セット地元民も行列に並んでしまうほどの人気店「ぶた丼のとん田」の味がご家庭でもお楽しみいただける限定ギフトです!
ぶた丼セット イメージ
内容 十勝産豚ロース肉(400g×2)
ぶた丼のたれ(440g)
発送までに1ヶ月程度かかる場合がございます。

ご注文は、
メール:center@obihiro-bussan.jp
FAX : 0155−22−8558
まで以下をご記載のうえ送信ください。

  • 件名:とん田特製ぶた丼セット
  • 数量: ※1注文●セットまでとさせていただきます。
  • 注文者氏名:
  • 注文者住所:
  • 注文者TEL:
  • 発送先氏名:
  • 発送先住所:
  • 発送先TEL:
  • 到着希望日時:

代引きのみとさせていただきます。
 商品発送後、伝票番号をお知らせいたします。

Pae Top